PROFILE

砂田 薫
監事
砂田 薫
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター主幹研究員
中央大学・国士館大学・早稲田大学等で非常勤講師
東京都出身
経歴
1979年:千葉大学理学部物理学科卒業
1979~2003年:エンタープライズコンピューティング/ビジネス系IT雑誌で取材・執筆活動(COMPUTERWORLD記者、月刊コンピュートピア編集長等)
2002年:東京大学人文社会系研究科・社会文化研究専攻社会情報学専門分野・博士課程満期退学
2003~現在:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター研究職。
同期間中に中央大学・国士館大学・早稲田大学等で非常勤講師を兼務
現在の事業・職業の紹介
・研究テーマは、
 ①情報テクノロジーと社会進化に関する歴史分析、②人間中心の情報システム、③北欧型デジタル社会のイノベーションシステム
・主な活動実績は、
一般社団法人情報システム学会副会長/代表理事(2019年~)、総務省情報通信審議会専門委員(2014年~)、総務省情報通信・郵政行政審議会専門委員(2015年~)、日本医療研究開発機構「認知症対応型AI・IoTシステム研究推進事業」プログラムオフィサー(2019年~)、科学技術振興機構社会技術研究開発センター「人と情報のエコシステム」領域アドバイザー(2016年~)、公益財団法人自動車情報利活用協会評議員(2018年~)、総務省『情報通信白書』編集委員(2010~2018年)、経済産業省産業構造審議会臨時委員(2014~2018年)等。
著書、SNSなどの紹介
・著作
『起業家ビル・トッテン』(2003年・単著)、『新情報システム学序説』(2014年・分担執筆)、『未来へつなぐデジタルシリーズ38 情報マネジメント』(2019年・共著、共立出版)等。
・行政&情報システム(2019):6月号から「人間中心の情報システム」と題した連載開始
・GLOCOMオピニオンペーパー(2018):超スマート社会に向かう技術進化の二大潮流 http://www.glocom.ac.jp/opinionpaper/op21
・東洋経済オンライン(2018):日本人は「マイナンバーの活用」で損している~北欧で起きているイノベーションに学ぼう~」https://toyokeizai.net/articles/-/218598
・AD STUDIES(2014):情報革命がもたらすパラダイムシフト  http://www.yhmf.jp/pdf/activity/adstudies/vol_49_01_02.pdf
・ITmediaオルタナティブ・ブログ:すなだかおるの読書&エッセイ https://blogs.itmedia.co.jp/sunada/
趣味
温泉、旅行