PROFILE

宍戸 常寿
理事
宍戸 常寿
東京大学大学院法学政治学研究科教授(憲法・情報法)
東京都出身
経歴
1997年東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手、東京都立大学法学部助教授、一橋大学大学院法学研究科准教授等を経て、2013年より現職。衆議院議員選挙区画定審議会委員、公益財団法人東京大学新聞社理事長、一般社団法人ソーシャルメディア利用環境整備機構代表理事等も務めています。
現在の事業・職業の紹介
法学部や法科大学院(ロースクール)等で、憲法と情報法を講義しています。サイバー空間とフィジカル空間が融合する時代の、人権保障や統治機構のあり方、社会のガバナンスについて研究するとともに、政府や企業等での検討に関わっています。
著書、SNSなどの紹介
『憲法 解釈論の応用と展開(第2版)』(2014年)、『新・判例ハンドブック情報法』(編著、2018年)、『AIと社会と法』(共編、2020年予定)があります。
研究室HP:http://www.shishido.j.u-tokyo.ac.jp
趣味
読書、ゲーム、おいしい料理を食べること
好きな本
高田大介『図書館の魔女』
一言
情報技術の進展には、より豊かな社会をもたらすチャンスと、それを傷つけるリスクが、ともにあります。私たち一人ひとりが、新しい社会のデザインに、担い手として関わっていきましょう!